日本の合法ギャンブルは公営ギャンブルのみ

もうまもなく日本に初のカジノが誕生するということもあり、同じカジノゲームを楽しめるオンラインカジノの人気も高まりつつありますが、オンラインカジノの違法性について心配する声も少なくはありません。
日本で認められている合法ギャンブルは公営ギャンブルのみです。
公営ギャンブルというのは、競馬、競輪、競艇、オートレース、宝くじのみなので、その他のギャンブルは基本的にすべて違法ギャンブルであるということになります。
日本の合法ギャンブルは公営ギャンブルのみ

日本では誰もが知っているパチンコも実は違法ギャンブルなのですが、パチンコの場合は店、景品交換所、換金所を別の独立した会社が運営する三店方式という手法を用いることにより法律に触れることなく運営できています。
オンラインカジノも公営ギャンブルではないので、日本の法律上違法ギャンブルとなるところなのですが、オンラインカジノは現在の日本の法律では裁くことができないため、個人で利用する分には問題なく利用することができます。

オンラインカジノは海外の合法ギャンブル

オンラインカジノは海外の合法ギャンブル
オンラインカジノは海外では日本の競馬のように合法ギャンブルとして運営されています。
運営するにはオンラインカジノを合法とする海外の国の政府からライセンスを取得する必要があり、そのライセンス審査は当然ながら厳しいものとなっています。

そして、運営を始めてからもライセンスを発行した政府により管理されることになるので、安全性に関しては一切心配する必要はありません。
この海外の合法ギャンブルということも、オンラインカジノの利用が違法にはならないことに繋がっています。

違法ギャンブルを取り締まる法律は賭博罪というもので、この法律はもちろん日本国内で行われたギャンブルのみにしか適用されません。
オンラインカジノは運営会社もギャンブルの場となるサーバーも海外にあるので、賭博罪はどんな効力も発揮しません。

さらにオンラインカジノは、海外で許可を受けて運営している合法ギャンブルなので、ゲームをはじめオンラインカジノの運営に怪しい点は一切ありません。
このようにオンラインカジノは海外の合法ギャンブルであるため、日本の法律で違法性の有り無しを裁くことはできません。

そしてもう一つ、オンラインカジノの利用が違法にはあたらない理由があります。
賭博罪が適用されるには、胴元、張り子が同じ場にいることが条件となります。
賭博罪は違法ギャンブルの利用者ではなく、運営者である胴元を取り締まるための法律なので、胴元が同じ場にいなければ賭博罪で違法ギャンブルとして裁くことはできません。

オンラインカジノの場合は、胴元である運営会社は海外に、張り子となるプレイヤーは日本にいるため賭博罪の条件に当てはまりません。
このように賭博罪の条件にも当てはまらないため、オンラインカジノを利用しても賭博罪により罪に問われることはありません。

オンラインカジノの違法性が問われたスマートライブカジノ事件

オンラインカジノの違法性が問われたスマートライブカジノ事件
オンラインカジノの利用は違法にあたるのかどうかという問題は、2000年始めから長く取り上げられてきましたが、2016年のスマートライブカジノ事件により長きに渡り続いた問題が解決されました。
2016年3月、イギリスに拠点を置くスマートライブカジノというオンラインカジノを利用していた3名の日本人プレイヤーが逮捕されました。

スマートライブカジノはイギリス政府からライセンスを取得し運営していた合法オンラインカジノであったため、この逮捕のニュースは多くの日本人プレイヤーを震撼させました。
警察が逮捕に踏み切った理由はかなり強引で、ライブゲームに日本人ディーラーを採用していたり、ライブゲームの時間帯を日本人が利用しやすい時間帯に設定していたりしたことから、日本人向けオンラインカジノと判断したことによるものでした。
逮捕されたプレイヤーのうちの2名は事前に罰金を支払い略式起訴という形で罪を認めましたが、うち1名は略式起訴を受け入れず裁判で争うことを選びました。

そして、その結果はというと、先の2名が罪となったのにも関わらず不起訴処分となりました。
不起訴というのは検察が裁判に持ち込んでも勝てないと判断したということですから、これはつまりオンラインカジノの利用に違法性がないことを認めたことになります。
スマートライブカジノの逮捕事件も日本人プレイヤーを驚かせましたが、この不起訴処分も日本人プレイヤーを驚かせることとなりました。

そして、このスマートライブ事件をきっかけとし、日本人プレイヤーの数は一気に増え、今現在も多くの日本人の新規プレイヤーがオンラインカジノへ参入しています。

日本国内で運営されていた場合は違法ギャンブルとなる

オンラインカジノを利用しても違法行為として法により裁かれることはありませんが、それは海外で合法ギャンブルとして運営しているオンラインカジノの場合です。
同じオンラインカジノであっても日本国内に拠点を置き運営しているオンラインカジノを利用すると、それは完全に違法行為となってしまいます。

オンラインカジノを利用しても違法とならないのは海外で運営されているからです。
そのため、オンラインカジノを利用する際は、必ず海外の国の政府からライセンスを受け運営している海外のオンラインカジノを選ぶようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。