シーズンになると宝くじを購入されている方が多くなっていますが、このくじを購入している人と、オンラインカジノを利用している人にはどのような違いを持っているのか、これを知っていることはいいことです。プレイできるタイミングなども異なっていますが、実はお金の扱いについても変わっているポイントとなっています。

宝くじ

オンラインカジノは何時でもプレイできる

宝くじは地域によって販売されているものが異なっていますが、基本的にジャンボ宝くじとされているものは年数回程度となっています。地域限定の宝くじを購入すれば、そこまで開催回数が少ないというわけでもありませんが、やはり開催自体は制限されており、くじとして購入できるものは少ないです。しかしオンラインカジノの場合は、多くの期間で対応しています。
大半の場合は何時でもプレイできるようになり、しかもゲーム自体も多くプレイできることが大きな要素となっています。オンラインカジノを利用している人は、何時でも多くの金額を得ることが出来る良さを持っていて、これがかなり使いやすいところになります。

税金の問題に違いあり

宝くじを購入して高額当選をした場合、そのお金は免税対象となっていて税金を支払う必要はありません。そのため貰った金額は全て使うことが可能となり、税金を払っていないと言われても証明書を見せれば特に問題なく対応してくれることが多いです。
一方でオンラインカジノで得た金額については税金が必要となっていて、この金額から税金を支払うことになります。貰っている金額を支払わないまま放置していると脱税扱いになってしまうので、最終的には摘発されて更に追徴課税などを受けることもあります。オンラインカジノではこうした問題点が指摘されていて、支払の方法なども厳しいと感じることがあります。

プレイできる金額が違う

宝くじの場合は、1枚だけ欲しいと思ったら300円、最近は200円で購入できるものも生まれていますが、どちらにしてもオンラインカジノの最低限よりも高い金額を支払わないとプレイできなくなっています。オンラインカジノの場合は1ドルですので、200円を超えることは基本的にありません。
しかも上限については制限が設けられていないので、普通にどれくらい入れても大丈夫です。一方宝くじは、店によっては制限をしていることもありますし、そこまで用意していないので出すことができないなどの問題もあります。